No132


初めての子育て                 東京都 Y/Sさん Yちゃん(H25.4.26生)
待望の赤ちゃんが生まれてから、楽しい子育てライフを想像していました。今振り返ってみると、毎日が慣れない子育てに追われ、また私の産後の体調もなかなか戻らず大変な日々を過ごしていたなと思います。
 出産してからまだ3週間しかたっていないのに、ある日突然おっぱいにしこりができました。乳腺炎になってしまったのです。出産した病院でマサージをしてもらい何とか治ったかのように見えましたが、またすぐにしこりができました。高熱が何度も出て寒気とだるさ、関節痛に頭痛と様々な症状に悩まされ、ついにはおっぱいがほとんどでなくなり娘はおっぱいが飲めなくなってしまいました。出ないおっぱいを搾乳したり、娘に飲ませたりするのはとても時間がかかり、あまり寝ることができませんでした。そしてごめんね、と娘に謝ってばかりでした。こんな毎日がいつまで続くのか考えるだけでも不安になり、涙がでてきました。病院ではマッサージをしてもらいましたが痛くて痛くて本当につらかったです。どうしたらよいかわからず、インターネットで調べていたら桶谷式マッサージにたどりつきました。
 森川先生との出会いは、私の生活を大きく変えました。必死で駆け込んだ母乳育児相談室は、マッサージの痛さに恐怖を感じていた私にとって、正直ドキドキでした。笑顔で迎えてくださった森川先生はとっても優しくて明るい先生でした。先生のマッサージは全く痛くなく、もっと早くから来たかったと心から思いました。おっぱいの状態を見てもらうと乳腺炎はかなり悪化していました。治療には時間がかかりました。治療の間、森川先生のところに毎日お世話になりました。おかげさまで今は出なおっぱいは出るようになり、娘がしっかり飲んでくれて本当に嬉しいです。森川先生のところでは、マッサージだけでなく、授乳の仕方、育児、食事、とにかく何でも相談しました。心配性の私は、些細なことでも森川先生に話しました。先生は嫌な顔一つせず親身にアドバイスをしてくださいます。感謝の気持ちでいっぱいです。
 「おっぱいの状態が落ち着くまでは100日かかるからそれまでは根気強く頑張ろうね」といつも励ましてくださいました。娘は1ヶ月たっても2ヶ月たってもぐいぐいとおっぱいを飲む方ではなかったので、飲み残しがたまってしまい悩んでいました。マッサージをしてもらうとおっぱいはフワフワに柔らかくなりました。いつかおっぱいが落ち着いたらこんな風になるのかな、なんて思いながらマッサージの後のおっぱいの状態に感動していました。白斑ができて痛くて授乳がつらいときも、「赤ちゃんはまだ生まれて2ヶ月だから、今練習中なんですよ。だんだん上手になりますよ。」と励まされ乗り切りました。
 おっぱいで育てることは当たり前のことで、だからおっぱいが出るのも当たり前のことと思っていましたが、経験してみてよくわかりました。違うのですね。おっぱいがうまく飲めなくて大泣きする娘の声を聞くと私も泣きたくなることはよくありました。それでも、ニコッと笑う顔やスヤスヤ眠る顔を見ていると幸せな気持ちになります。「娘のおかげで私はママになれたんだ!」と思うと、娘を本当に愛しく感じます。これからも母乳育児をがんばります。まだまだママとしては初心者ですが、困ったときは森川先生がいるので心強いです。娘は今、5か月になりました。おっぱいはずいぶん上手に飲めるようになってきました。私も娘と一緒に少しずつ成長していきたいと思います。森川先生、ありがとうございました。そして、これからもお世話になります。どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください