No.132  

風疹の大流行!

マイナビニュースによると、国立感染症研究所は30日、2013年年始から4月21日までの全国の風疹患者数が、2012年の患者総数2,392人のほぼ2倍に当たる4,763人に達したと発表しています。全国の風疹患者は今年に入って増え続けており、2月下旬からは毎週300人以上の感染者が発生しています。
 男女別に見た場合、男性3,699人、女性1,064人と、男性の方が多くなっています。 年齢別では、男性は30代が37%で最も多く、次いで、20代と40代が同ポイントの24%で続く一方、女性は20代が全体の44%を占めています。

◆風疹って具体的にどんなもの?
 風疹は風疹ウィルスによる急性の発疹感染症で、風邪と同じように、患者の咳やくしゃみから感染します。14~21日の潜伏期間を経て発熱、顔や体全体に発疹、リンパの腫れなどの症状が現れます。
◆風疹の最大のリスクは胎児への感染
 女性にとって風疹の予防接種が大事なのは、自分だけでなく、子供に一番影響があることです。妊婦さん、特に妊娠初期の方に感染してしまった場合、胎児も風疹ウィルスに感染し、難聴、心疾患、白内障、精神や身体の発達の遅れなど、先天性風疹症候群を持った赤ちゃんが生まれる確率が高いといわれています。
 先天性風疹症候群が起こる可能性は、風疹にかかった妊娠時期により違いがあるとされ、中でも妊娠初期の12週目までに多く、感染率は25~90%と大きく幅があることが分かっています。
 また妊娠中は風疹の予防接種を受けることができないため、早くからの予防が大切になってくるのです。
◆26歳~34歳の方は“空白世代”
 以前は女性のみが中学校期に風疹の集団予防接種を行っていましたが、1995年に日本の予防接種法が改正され、改正後は男女とも1歳~7歳半の間及び、中学校期に接種することになりました。 このため、1979年~1987年生まれの方は風疹の予防接種を受けていない確率が高く“空白世代”と呼ばれています。この世代の女性が結婚・出産時期に入る2000年以降、妊娠時の風疹感染による胎児への影響を懸念する声があげられていましたが、風疹が流行している今まさに、もう一度見直す必要があります。

◆女性だけでなく、男性も予防接種を
 風疹ウィルスに充分な免疫をつけるためには、2回の予防接種が有効とされていますが、空白世代以外の方でも幼少期に1度摂取したきりの方が多いようです。
 空白世代に当てはまり、風疹の予防接種を受けていない方はもちろんのこと、これから結婚・いずれパパになるかもしれない彼や、旦那さまにも予防接種を受けてもらいましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください