No.115 7/8月合併号

「ひまわり」の発行が遅くなり大変申し訳ありません。
今回6月号が作製できず、楽しみにされている方々には申し訳ありませんでした。
これからは、また頑張って作製して行きたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。(そう言いながらまた合併号で、ごめんなさい!)

乳房トラブルが多い季節

今年の夏は暑くなる!という噂は当たっているのでしょうか、暑くなってきたとたんに、乳腺炎や乳汁うったいなどの乳房トラブルが増えてきました。  
何故暑くなると乳房トラブルが多くなるのでしょう。理由はいくつかあげられます。
暑いとお母さんの体の血液循環がよくなり、乳汁を多く作りがちになること、食事で油物が多くなりやすいこと、子供がちょくちょくオッパイを飲んでくれる割には、少ししか飲まず乳汁が残ってしまったり、浅飲みで乳頭をつぶしてしまうことなど・・・。
これらの原因により、乳房に乳汁が溜まりっぱなしになりしこりができ、熱や痛みを発症させてしまいます。
乳腺炎などになると、いきなり38度以上の熱が出たり、関節の痛みや乳房の発赤・痛みもでてきますので、お母さんはかなり辛いです。
この暑い季節は、乳汁が飲み残されたら自分で搾乳し、溜めっぱなしにしないこと。食事は油物を控えること。なるべく深く乳頭をくわえさせ、浅飲みにさせないこと。
これらの事に気をつけて、暑い夏をトラブルなく過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください