No.113 2/3月合併号

花粉症対策

2月の末ころからボチボチ花粉症の症状が出始めた・・・なんて方もいるのではないでしょうか?
私ももう20年以上も花粉症とお付き合いしていますので、この時期は辛いです!  
いろいろと花粉症の対策は言われていますが、ここでも少し触れてみたいと思います。
野沢博正氏(福島県立医科大同窓会誌 寄稿より抜粋)によると、ご飯を減らすと脂肪分を中和できずに、余った脂肪分がカロリーオーバーやアレルギーを引き起こす・・・。
これが主食である理由とかんがえられます。 花粉症はパン食やおかずっ食いの人に多いのです。
ちなみに現在では理想的な食事カロリー比は脂肪:たんぱく質:炭水化物=25(以内):20:55なのです。 55%だから主食なのです。 皆さんは食べていらっしゃいますか?
また、野沢氏はご飯好きについて 毎食150gのご飯(茶碗で一杯半ずつ)以上を食べる人を‘ご飯好き’と称すると言われています。 私は勘違いしていました・・・。
日常の診療でもご飯好きの方は免疫力(風邪をひきにくい)やスタミナがあるようだ。 
ご飯を増やし具沢山の薄味の味噌汁を増やした分、おかずを忘れないでください。
とも述べられていて、授乳中の食生活と同じだと感じました。
皆さんご飯を食べましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください