No.47 12月号

12月に入たっら、やはり大雪が降りましたねぇ。
あわててタイヤを替えた方も多かったようです。
風邪ひきさんも急に増えました。夜中の授乳で背中も冷えますから、妊娠中に使っていた腹帯を、寝る時に使ってみてはどうでしょうか?
最近おしゃれな腹巻もでていますが、ちょっと薄いかな?
ちなみにわたしも昼間その薄めのものを使っている事もしばしばあります。
風邪には充分気を付けましょう。
えーと、先月ですがFMポートというラジオの「マタニティクラブ」に数分間生で出させていただきました。
私へのテーマは「おっぱいのトラブルと断乳について」でした。
これってすごくふかーい内容ですよね。どうやって5分でまとめたらいいの?
とても無理なのでトラブルの方を中心に話す事にさせていただきました。
断乳についてはまた次回という事で。しかしこの次回とはいつなのか全くわかりません。
前に出たのは確か1年前だったし・・・。
この「マタニティクラブ」はだいたい毎日10:05から5分間くらいで放送していますが、毎回子育てに関係する事をいろんな専門家などが出て話しています。
もし、時間があったら聞いてみてください。
私の断乳についての事もいつかきけるかもよ
 

●船越康弘さんのお話から

12月に入ってお米の普及をすすめる会が主催で、船越康弘さんの講演を聞きに行く機会がありました。
みなさんも知っているのではないでしょうか?民宿「わら」の経営者です。
ただ、今はオーストラリアに住んでいられますが。
船越さんは、お米が7割、野菜・魚他が3割、砂糖は使わないと言われています。
確かにお米が一番体に大切なんですよね。
甘いものが欲しい時、それはお米の食べ方が少ないと、体の糖分が減り甘いものが欲しくなるわけです。
砂糖はアトピーにもよくありません。
船越さんは、砂糖はちょっとの卵やちょっとの肉をとるより悪いと言ってました。そのとおりですよね。
また、カルシウムも心配になりますが、小松菜、大根菜には牛乳の4倍も入っていますし、ひじきや切干大にも約2000倍ものカルシウムが入っています。
せっせと牛乳を飲んでアレルギーで悩むより、和食の粗食で健康になっていた方が楽ですよね。
「わら」の料理のポイントを少し紹介します。
・ 材料は穀物と根菜が中心で、それに旬の青物野菜、海草、必要があれば小魚を加える。
・ 材料はその土地とその近所で、その季節にあるもの。
・ 食べ方は一物全体をあく抜き、ゆでこぼしせず使う。
・ 砂糖化学調味料は使わない
・ 調理は重ね煮で。これは素材の性質を生かす方法です。
興味のある方は本など紹介いたします。

●個人の方に子守りを頼みたい方募集
                                 
春になったら、子供をあずけて仕事。                                       
なんて考えると憂鬱になりますが、ある保育士さんが個人で子守りをしたい、と希望されています。
女池にすんでいる方です。
個人でお子さんを二人あずけていた方から紹介されました。
とてもいい方で、あずけていた方は最後の日は涙涙の別れをされたそうです。
春4月以降に、と探している方がいましたら早めに森川まで連絡くださいね。

●みなさん  メリークリスマス&ハッピーニューイヤー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください