No.44  9月号

●助産師の和泉さんから エアロビについて教えていただきました

子育てに日々奮闘し、泣き笑いしている皆さん、こんにちは!
たま~にですが、皆さんにお会いできる事は、私自身過ぎ去った良き日にタイムスリップできるチャンスにもなり、とても嬉しく思っています。
さて、今日はマタニティビクス(MB)とは? アフタービクス(AB)とは?についてお話しましょう。
まずMBですが、これは妊婦さん(マタニティ)のための有酸素運動(エアロビクス)を意味します。
エアロビクスとは、充分時間をかけて肺や心臓などの機能を刺激し、身体に有効な効果を生み出す事のできる運動の事をいいます。
酸素を身体に取り込む事で体脂肪が燃焼する事も期待できるんですよ。
このエアロビクスを、妊婦さんにとって安全で効果的な健康法として、また分娩や出産後に良い影響をもたらす事を目的にプログラムされたものがMBです。

●主な特徴や効果は次のとおりです。
・ 脂肪を燃やし、太りすぎを防止
・ 妊娠中の体力の低下を防ぎ、分娩後の体力・体型の回復を早める
・ 産道周囲の筋群のエクササイズでおっぱいの分泌を良くする
・ 気持良く汗を流してストレス解消
・ 妊婦さん同士の情報交換で妊娠中の不安を解消

レッスンを始める場合は、妊娠14週以降、出産する施設の医師の了解を得てから開始となります。
経産婦さんは37~38週頃まで、諸産婦さんは分娩直前までできます。
次にABとは、分娩後(アフターバース)の有酸素運動(エアロビクス)を意味し、産後の機能回復・体力回復、体型の改善、乳汁分泌の促進を目的とした産後の運動です。

●主な特徴や効果は次のとうりです。
・ 全身持久力をアップ
・ 分娩によって伸びたり、緩んだりした筋群の機能回復を促す
・ 体型の改善 ① 疲れた姿勢の回復 ② 肥満の解消
・ 母親同士が情報交換したり、交流する事でストレスが解消できる
・ 赤ちゃん同士のふれあい

レッスンを始める場合は、産後1ヶ月で、子宮復古や新生児が正常である事を医師が認めてから開始となります。
産後5~6週から始めて期間は6ヶ月くらいが目安です。
持ち物や服装ですが、いずれもフィットネスシューズ(または、クッション性の高い内履き用シューズ)を使用し、足首などケガのないようにしましょう。
レオタード・スパッツなどの服装だと、姿勢が確認できるのでより良いです。
長い一生を考えた時、妊娠中に運動を始めるのは、「健康の維持・増進」 「生活習慣病予防のきっかけ作り」 になります。
赤ちゃんのためにも、家族のためにも母は健康でいたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください