No.19 3月号

●お~い春ですよ~

2月は思ったより雪が多く、寒かったですよね。
ようやく3月に入り暖かくなって来ました。お雛さまを飾ると「春だな~」とホッとしま す。
また、みなさんのご家庭では、この春入園、入学のかたも多いと思います。
気持ちは忙しいですが楽しみですね。
我が家の長男も、 春から中学生です。
のんびりと過ごした6年間と違い勉強も友達関係も大変になるのだろうと、親は心配しています。
(子供のほうは、早 く中学行きてーと、何も心配しているようにはみえませんが・・・)

——————————————————————————–

●アレルギー物質加工食品に表示

以前も「ひまわり」で載せた事があったのですが、2月5日付けの朝日新聞の一面に来春から義務化の記事があったので、お知らせします。
  
そばや小麦、牛乳など、アレルギーで健康を損なう可能性のある原材料のついて、厚生省は、表示を初めて義務づける方針を固めた。今 の食品衛生法では、アレルギー物質の表示についての規定がなく、食物アレルギーで重症のショック症状を起こす可能性のある消費者や 家庭から、表示を求める声があがっていた。2001年4月からの施行を目指している。          
表示が義務づけられる具体的な原材料は、今後検討して決める。厚生省は・アレルギー物質が含まれていることが明確・血圧低下や呼 吸困難、意識障害などの重い健康障害がある・国内で年に一回以上の健康被害が発生している、などを条件とする方針。
そばや小麦、カ ニ、エビ、卵、牛乳、ピーナッツなど二十種類前後が対象になるとみられている。
アレルギーのあるひとは、一般的に、自分がどの物質でアレルギーを起こすかを知っているため、表示の方法は警告ではなく、原材料 を明記するだけで十分という考えだ。重いアレルギーの症状は、ごく微量のアレルギー物質でも起こるため、指定された原材料が含まれ る食品は、含有量に関係なく、微量でも表示しなくてはならないとする。
昭和大の飯倉洋治教授を中心にした「食物アレルギー対策検討委員会」の調べでは、十四人に一人の割合で食物アレルギーがあり、特 に六歳以下の子供は八人に一人が、食物を食べてすぐアレルギー反応を起こすという結果も出ている。という内容の記事が載っていまし た。
程度の差はありますが、アレルギーを持つ人が増えて来ました。
もし、みなさんが表示を見て食品を購入し、卵と書いてないのに卵 のアレルギー症状を起こしてしまったら、その食品を作った会社へ連絡した方がよく、そうすれば、原材料を明記しなければならなくな るわけです。
結構「原材料」とあっても、いいかげんにしか書いてない物が多いですよね。
この機会にたくさんの食品に、くわしい原材 料の明記が広がるといいですね。

——————————————————————————–

●おいしいおやつ

<小松菜の蒸しケーキ>
白力粉・・・・140g ベーキングパウダー・・・・大さじ1 小松菜・・・・100~120g
A卵・・・・2個 砂糖・・・・50g サラダ油・・・・大さじ3 牛乳・・・・50cc
レーズン(湯でもどす)・・・・30~50g

〔直径18cmのリング型〕
粉とベーキングパウダーをふるっておく。
小松菜は洗って水けをふいてざく切りにし、○Aの材料と合わせてミキサーにかける。
なめらかになったらボールにあけ、レーズンと粉を加えさっくりまぜ合わせ、油をぬった型に流す。
蒸し器に入れ15~17分蒸す。

<キャロットケーキ>           
薄力粉・・・・140g ベーキングパウダー・・・・小さじ1 シナモン・・・・小さじ1
にんじん・・・・200g 卵・・・・2個 三温糖・・・・80g サラダ油・・・・カップ1/2 
塩・・・・小さじ1  くるみ・レーズン・・・・各30g

〔パウンド型1本分またはプリン型8個〕                  
1粉類は、合わせてふるっておく。
2にんじんはすりおろしてから炒りし、水分を蒸発させ1/2量にする。
3くるみは薄切りにし、レーズンは湯洗いする。
4ボールに卵をといて砂糖を加え、よくまぜる。
5サラダ油、塩を加えてまぜ、にんじん、レーズン、くるみを入れ、粉をふるい入れて切るようにさっくりまぜる。
6型に流し入れ、170℃のオーブンで40分(プリン型なら20分)焼く。
このレシピで卵、牛乳のアレルギーのある方は、それを抜いて作ってみてください。

今回のおやつは、新発田市の三善さんから教えていただきました。
ありがとうございました。
みなさんも、おいしいおやつ・おかずがあ ったら教えてくださいね。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください